読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼほぼ日刊もすもす通信

声優小野大輔さんのニュースを伝えたり当ブログ管理人による小野大輔語りなどをだらだら伝えるブログです。

DGS 第478話 ゲームの中では八木橋君がいちばん偉い

 

エキサイトピッチングマシーン

エキサイトピッチングマシーン

 

 いろいろさがしていたら…これらしいっす。

ということで昨日とか今日ととか明日とかサイパンスーパーアリーナ、もといさいたまスーパーアリーナで、神谷さんはキラフェス真っ最中。
そこでナニーナの先輩の神谷さんに小野さんが尋ねます。

D「あのステージに魔物は住んでますかっ?」
C「住んでるね。」
D「住んでた!!喰われましたか?」
C「いやもうがっつり喰われたよ。代永なんか半分もっていかれたもん」
D「ねえ、ねえっ!!キラフェスって何が行われているの?」
C「わかんないよ~~~~察して!」

そんなキラフェス話で始まったDGSでございます。だからでしょうか、土曜日の関係者席に小野さんの姿を見かけたとのツイートが上がっていたのは。次の日は自分だってDATイベなのにねー

 

んでタイトル。八木橋さんはぎーや先輩と呼ばれてモンハンの鬼になっている模様。
モンハンそんなに面白いの?きになるじゃあ~ないの。

 

で、ふつすと
話題はクレヨンしんちゃんのぶりぶりざえもんの2代目が神谷さんになった話題。
16年ぶりに声を出したんですって。
オーディションではありますが、今までの作品の積み重ねでこの役が決まったって、なんかちょっといい話でしたねー

私はしんちゃんのアニメ開始時はすっかり本を売る人だったんで、当時のぶりぶりざえもんは見ておりませんが、塩沢さんのことはよーく覚えております。
でもって神谷さんのぶりぶりざえもんはよかったと思います。投稿にあったようにほぼほぼ神谷さんと同じ性格のところに吹きました。

小野さんもすごく良かったとおっしゃってましたが、小野さんだってヤマトで2代目の大変さを感じているんじゃないのかな?という考えがちょっと私の頭によぎりました。
この世代はどーしてもリメイクとか長期展開のアニメで2代目として定番キャラを演じることが多そうですもんね。オリジナルを継承して何ができるか…ってことでしょうなあ。


そして後半、談話室。
投稿者の女子大生さん「講義中に寝てしまう」お悩みでした。

まあ、寝ちゃうよね。私もよく寝ていた。というか睡魔とはだいぶ戦って、今はなんとかいい関係。
授業中に寝てしまうことに関しては神谷さん、小野さんともに同意。じゃ、どうすればいいのか…

「そこで、ドキドキ股間バズーカcool」です。
「おお?」
そこから某通販番組の元社長のような高音を物まねしつつ説明する神谷さん。
う、うまいなあww
「初代のドキドキ股間バズーカから、眠気覚ましに特化させるべく改良に改良を重ね」たんだとか。

※こういう時に突っ込む小野さんの「ねえ、なんなのっっっ!?」が結構ツボです。

「股間にちょうどいい硬さのゴムボールをちょうどいい速度で打ち込むことによって朝小鳥の声で目覚めるようなかるい衝撃を股間にあてることができます」
とのことです。

でもって試すことに…したいのですが、本番中に寝てる人はいないので、まずはエキスポどうするか話を。

するとどさっという音とともに仕事以上にモンハンをやってるぎーやー先輩こと八木橋さんが睡魔に!
さっそくドキドキ股間バズーカcoolを
C・D「八木橋君どうだった?」
八木橋さん「ちょうどいいです」

一難去ってまた一難、諏訪さんがいびきを!!
ドキドキ股間バズーカcoolの登場です!
小野さんの
「ドキドキ股間バズーカcoolエネルギー充填120%。対ショック、対先行防御。股間バズーカ ぅてぇ~~」
ってヤマトの技術をいかんなく発揮してバズーカをより効果的に演出してるのがなんともww
それでも起きないので第2弾を打ち込みます。
「股間バズーカ第2弾装填。対ショック、対先行防御…股間バズーカ ぅてぇ~~」
で、2発目で起きた諏訪さんw で、どうだった?
諏訪さん「ちょうどいいです。笑って起きるくらいw」

またエキスポの話を始めたとこで…副調室にいる横川ディレクターさんがっ…寝てます!
さっそく副調室へ向かいます。
「股間バズーカ………ぅてぇぇぇぇぇぇぇええぇえぇ~~(結構大きめの声!)
横川さん…どうでした?
「ちょうどよかったw」

また話を戻して、…すると、今度は副調室でお手伝い伊藤君がいすねりしてます!
こんどはおのさんがバズーカを打ちに向かいます。
こんどは2連発可能になっていますw
すると…第1発目を暴発しつつもw 
「股間バズーカエネルギー充填120%。股間バズーカ ぅてぇ~~」
残りの1発でお手伝い伊藤君は起きました。
「で、どうだった?」
「あ、ちょうどよかった(です)」

何を基準にちょうどいいのかわかりませんが、笑いの止まらない神谷さん。

また話をエキスポに……内田社長が寝てしまいました。さすが3M、寝ても目立ちます。
早速副調室へ向かう二人w
「股間バズーカ」
「股間バズーカエネルギー充填120%。股間バズーカ…」
「発射っ!」
「ぅてぇ~~」

なんですか二人かがりで掛け声かけはじめましたよ。
「で、どうだった?」(なんかいい声だなあ)

と一通りスタッフをいじったのち
「学校にドキドキ股間バズーカCoolを持参するとすぐおきれっから」
「うん、ちょうどいいよね」

で〆。
でも思うんですが、股間にちょうどいいって女子はちがうんじゃねーの?と軽い疑問を持ちました。
まあ、いいっかw

で、ディアボイスですが、小野さんまたタイトルコールをとちります。なぜなら直前までの珍妙な話に引きずられてイケテル声を出せずにこのありさまのようです。
でも、神谷さん大丈夫かと思いきややっぱり吹いてしまいました。いったい何の話をしていたのやら。
ちなみにボイスは
「おれのハンドルをにぎってくれっ!」
まあ意味深。小野さんの感想
「なんだこれ、サイッテーw」

私はもちろんダウンロード済みですw

エンディング、エキスポに向けて緊張ではなく、弛緩しちゃってだらしなくなってますねーと神谷さん。
そうなんですよ本番と休憩時間の差がつかなくなってきたんですよねーと小野さん

す・る・と、小野さんが…いきなり大イビキでねちゃった!

「まじかよー」と神谷さん。さっそく股間バズーカを準備します。
「股間バズーカ、ON!」(あ、神谷さんは違う感じの掛け声なんですね。)

とってもだらしなく眠り込む小野さんにバズーカを打ち込みます。
隙間写真を見ますと、かつての「ダイスケ・オブ・ジョイトイ」のポーズってんですか?要するにM字開脚ですよ。この人。打ってくれの体制ですよ、38にもなってww
ちなみにほかの方々は結構自然なポーズですけどね。

「おい、寝てんじゃねーよ!本番中だぞー……で~どうだった?
「なんかちょうどいい…ちょうどいいわあ~」
はいはいw

とお便りの宛先を読む途中で神谷さんが急に寝てしまいました。
「うそ、だろ、まじ、かよ! 郵便番号のところで寝るなんて!ありえねーぜ!!先輩よお~」
バズーカを取り出します。
「股間バズーカエネルギー充填120%。股間バズーカ ぅてぇ~~」


「で、神谷さん。どうでした?」
「ちょうどよかった!…起きてる!大丈夫」

と何事もなく宛先を読み始めまして、番組終了!

 

股間バズーカ。効き目は素晴らしいことはわかりましたが、本当に何基準でちょうどいいのか女子には全く分からないですよ!

では私の感想ツイートをどうぞ。