読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼほぼ日刊もすもす通信

声優小野大輔さんのニュースを伝えたり当ブログ管理人による小野大輔語りなどをだらだら伝えるブログです。

まあ、そういうこと・・・あるよね。

f:id:satoyoco:20160119002734j:plain

いやあ。おどろいたおどろいた

神谷さんの件。

月曜伊集院氏のラジオ聴きながらネットをあれこれ見ていたら「ヒロCがすっぱ抜かれた」なる一文が。ほえ?それはどういうことじゃいとあれこれ見たらあのニュースなわけで。

 

うん、まあ私は一回結婚なるものをやっていま一回目を卒業したとこw なんでまあ二人共早く結婚してバツイチにでもなってそうすると私と一緒♡とか思うバチあたりでしてw だからこの件はショックだとかはあんまり思えなくて、よかったよねえ早く言ってよってぐらいで。

まあ、写真あんまよくなかったね。もう少し笑おうか目を開いて…(すいやせん。私もよく言われます)なんて思ったぐらい。

でも事務所からは「プライベートのことなので」って発表されちゃって。え、そんな事務所だっけ?

headlines.yahoo.co.jp


私の知る限りのそういうパテーンを考えてみる。つーと同じ事務所の古川さんがおもいだされます。えっと…その昔、私の学生時代に読んだアニメ雑誌のインタビューで既婚者で奥様には食えないとき食べさせてもらってました、とのことでした。と語られていましてね。まあ軽いショックもあったけど、まだ恋愛なんかをマトモにやったこと無い時代なもんでww その上年齢的にも上で大人の人のイメージだったためまあそんなもんだよなって納得したもんです。

それから数年、気がつけば私がすっかりおとなになった頃、私が古川さんの劇団のお芝居でよく古川さんと共演していた声優さんが奥様ってことになっていて、そこからご夫婦での日常がオープンになっているです。ちなみに同じ事務所。
つまり、何にも発表はしていないけど、なんだか気がつけばオープンになっていたのですね。


古川登志夫のオジサマ専科の再現に田中みな実が大喜び

昔はそんなに結婚離婚の話はアニメ雑誌の声優コーナーでベタ記事でさらっと載るくらいで、けっこう人気声優のそういう話が載ってたと思う。でもそんなに荒れたように感じなかったのはネットもないから個々のファンの人の思いがすぐにわかるようになっていないからなのかなあ?今はいろいろあるもんねえ。これを含めてw

 

さて現代。事務所はああいっていたけど、神谷さんご本人からDGSあたりできちんと話をしてほしいなあと思います。で、これでこの話終わりっ!ってまたいつも通りにやってくれればそれでいいんじゃないかな?
最近にゃーさんの話をしないのはなぜか?とEXPOのときにフォロワーさんと話していたんだけど、その話をすると自動的に娘さんのことになっちゃうから話さないのかなあ?
あと、もうコンロの前で一人しゃぶしゃぶ、もうしていないでしょうなあ?

 

でもって、神谷さんがきちんというのなら、小野さんも…なんかあるでしょう?
以前に記事になったときは何やかやでうやむや否定していたみたいですが、今の小野さんのフリーランスの立場はこういうことでスクープされちゃったときがいちばん大変なんじゃないかと思うですよ。
週刊誌は大きな事務所でないタレントさんは思いっきり記事にしますもんね。

あ、なかったらいいんですよ。なかったら。

 

追記

消そうと思ったけど、まあDGSで言ってくれたのでちょっとホッとしたですね。なので追記&書き換えしてしっかり載せときやす。

この一件、番組オンエア中(1時10分だぜえ~)にYahoo!ニュースになってびっくり。

 やっぱおそ松人気だからの”チョロ松役”で紹介なんだなあ。恐るべしおそ松声優くくり。
神谷さん、番組内で結構誠実に話してくれてよかったんじゃあないかな?と思います。みんながいいたくても言いづらかった写真写りについてもおもしろいれて言及して笑いを誘っていたし。

でも…ですよ。あくまでも既婚とか子供がいるとかは否定も肯定もしないといいう…これで察してねってことに寂しさを感じるわたしです。願わくばもう40過ぎなんだし全面解禁して、今後のDGSでバカ父トークを展開してほしかったなあと思います。

いつか娘さんが堂々と世間に「私のパパは声優の神谷浩史です」って言える日がくるといいなあ。

 

そして小野ブログとしてはですね。
小野さんはどうなんだってやはりふわっと思います。ええまあ、
ここでないということは無いんだなと思いたい思いますっっがっ、なんかあったとき、フリーランスだからこそ守ってくれる事務所もない(まあ今回の神谷さんは守ってもらってるかどうかは皆さんの思い次第ですがね)のだから、

なんかあったら困るよ。小野くん!相槌打っている場合じゃないからねっっ!

 と、こちらから以上です